アメリカで話題になった健康ドリンク、「バターコーヒー」をご存知でしょうか?
>>ユーグレナ・ファームの緑汁
新トレンドとして、コーヒーにバターを入れるドリンクの考案者、デイヴ・アスプリー氏は、「クリーミーかつ往来のコーヒーよりも満足ができる」と述べていました。
注目されたこのコーヒーは、現地アメリカで「防弾コーヒー」とも呼ばれていて、エネルギッシュな身体にし、代謝をアップさせるのだとか。
また、食欲が抑制できることから、ダイエットにも効果的だそうで、実際に考案者のアスプリー氏は、この高脂肪ドリンクにより、80パウンド(約36キロ)の減量に成功したそうです。
とは言っても、インスタントコーヒーなどに、パンのお供である一般的なバターを浮かべるというだけでは、バターコーヒーにはなり得ません。
ダイエット効果も高めるためには、それなりのレシピがあり、上質なコーヒー1杯に、
・無塩グラスフェドバター…大さじ2杯
・オプションで、ココナッツオイル…大さじ1杯
をミキサーに入れて、しっかりとブレンドするのだそうです。
味としては、ラテに近いような感じで、安いコーヒーであったり、通常のバターでは、効果や味も違ってくるのだとか。
そして、グラスフェドバターですが、穀物の餌ではなく、牧草のみで育てられた牛の乳で作ったバターであり、健康に良くないと言われている飽和脂肪酸を多く含んだ通常のバターに比べて、不飽和脂肪酸が豊富で、中性脂肪やコレストロールの減少に効果的と言われています。
ダイエット効果にも繋がる不飽和脂肪酸が含まれた良質バターを使用することが、バターコーヒーのポイントですね。
ただし、バターが加わったコーヒーは、100~200kcal程プラスされていることもお忘れなく。
様々なダイエット法が紹介されている昨今ですが、いろいろと試してみて、自分の身体に合う方法を見つけてみましょう。
朝バターコーヒーも、試してみる価値ありですよ。