健康的で美容効果も高めるダイエットをするには、甘いものが食べたい時に、スイーツやジュースより、フルーツを食べた方がBetterであることは当然ですね。

ただ、全てのフルーツがヘルシーダイエットの味方になるとは限らないようです。

中には、食べ方により太らせる効果があるフルーツや、ウエスト周りを太らせていくという恐ろしいフルーツもあるのです。

ダイエット中に食べられるタルトの種類と低カロリータルトレシピ

フルーツでナチュラル・ビューティを目指す女性には、何ともつらいお話ですが、フルーツは高い栄養価を持ち美容にも効果的な食品なので、ダイエットにうまく利用するポイントをご紹介しておきましょう。

フルーツをダイエットに利用するポイント

まず、ウエスト周りを太らせてしまう恐怖のフルーツですが、「バナナ」、「パイナップル」、「マンゴー」、「デイツ」、「グレイプ」の5つです。

その理由としては、やはり糖分が高めであること、そして、ソルビトールという甘味が含まれているために、ガスが胃腸内に溜まるということがいえます。

結果、体重は増えてしまい、ウエスト周りを太らせてしまうのです。

でも、巷では「マンゴーダイエット」もありますよね。

マンゴーの食物繊維を利用して便秘を解消、体内から浄化を行っていくダイエットですが、食物繊維は体重を増やす原因になるインスリンレベルを下げる効果があります。

上記に挙げた5つのフルーツも、身には高い糖分が含まれているものの、皮に豊富な食物繊維が含まれているものもあり、全体的にフルーツは、皮ごと食べれば太りにくくさせてくれるものが多いのです。

ただ、上記に挙げた5つのフルーツは、皮ごと食べられないものがほとんどですから、当然身体には糖分だけが吸収されてしまい、太らせる結果になってしまうのです。

さて、ダイエット中のフルーツについてですが、いくら糖分が高いとはいえ、健康や美容のために食べておきたい食品でもあります。

ダイエットにフルーツを効果的に利用するためには、まず新鮮なフルーツを選ぶようにしましょう。

シロップ漬けにされた缶詰や瓶詰は、さらに糖分が高いので、絶対にNGです。

ダイエット中にオススメなフルーツでは、柑橘系やベリー類など、甘みが少ないものがいいでしょう。

さらに、皮も一緒に摂取できるようなフルーツがいいですね。

そして、フルーツを食べる時間帯も、ダイエットには重要です。

フルーツを利用したダイエット法には、午前中に好きなフルーツを生のまま好きなだけ食べるという「朝だけフルーツダイエット」があります。

好みの新鮮なフルーツを1~3種類、そのまま食べるだけなのですが、その際の水分補給にはお茶やコーヒーなどは避け、完全に水とフルーツだけにしておきます。

基本的に朝食と昼食は一緒という方も、最初の食べ物はフルーツだけがオススメです。

通常、人の身体は、午前4時から正午まで「排泄の時間帯」となっています。

>>なかきれい酵素【お試しサンプル】腸内をすっきりサプリメント

この時間帯にフルーツ以外のものが胃の中に入ると、エネルギーはそのための消化吸収に使われ、午前中に行われるべき体内の浄化作用が疎かになってしまいます。

朝だけフルーツダイエットでは、空腹状態でフルーツを食べますが、慣れないうちはお腹がすいてしまうかもしれません。

そんな時も、午前中であればフルーツだけを好きなだけ食べるようにしましょう。

フルーツが大好きというダイエッターには、是非ともオススメしたいダイエット法ですね。

糖分が多いフルーツをダイエットにうまく利用する方法として、午前中である「排泄の時間帯」にフルーツを好きなだけ食べるという「朝だけフルーツダイエット」。

糖分量から高カロリーではないかと思われがちなフルーツですが、100g当たりのカロリーは、同量のお菓子などの7~10分の1以下と比較にならないほどです。

和菓子や菓子パン一個分のカロリーでは、イチゴが46粒、みかん6個、グレープフルーツが2個分とほぼ同じなのです。

朝には糖分を摂取して、脳を活性化させるべきとよく言われますが、フルーツなら糖分に加えてビタミンなど栄養素も豊富に摂取できますね。

そして、糖尿病を抱えている方にも「朝だけフルーツダイエット」が適しているか気になりませんか?
フルーツは正しい食べ方であれば、血糖値を上昇してしまうことはなく、フルーツと一緒にレタスやきゅうり、セロリなどの野菜もプラスして、ドレッシングを使わないサラダにしてもいいでしょう。

昼食と夕食には、低脂肪で野菜や豆類中心の食事にしておけば、血糖値は下がるはず。

もちろん、このダイエット法を始める前に、かかりつけの医師に相談してみてもいいですね。

また、フルーツは身体を冷やすとよく言われていますが、冷蔵庫で冷やさず、室温の状態で食べればOKです。

元々血液循環が悪い場合は、朝だけフルーツ食に慣れるまでに、一時的に寒気を感じることはあるかもしれません。

ただ、朝のフルーツ習慣では、正常体温のキープに必要なエネルギーを与えてくれるため、継続により冷え性改善へと導かれます。

摂取方法としては、ミキサーなどで作る新鮮なフルーツジュースもGood。

できればオーガニックフルーツを使って皮ごと、繊維ごと頂けるものがオススメです。

朝だけフルーツにする置き換えダイエットにオススメフルーツ

置き換えダイエットおすすめランキング【安心・信頼できる商品】

午前中にフルーツを好きなだけ食べるダイエットを効果的にする、おすすめフルーツのご紹介です。

ダイエットに効果的なフルーツ

バナナ

一時期、「朝バナナダイエット」が流行しましたが、とても食べやすく、糖質は体内ですぐエネルギーに変わるバナナは、お値段もリーズナブル。

エネルギーだけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラル、脂質など栄養素もとても豊富で、がんの抑制効果に期待でき、便通改善、抗酸化作用もあり、お腹の持ちもよく…まさに健康、美容に強力な味方です。

カリウムも多く含んでいるために、高血圧の方にもオススメですよ。

グレープフルーツ

柑橘類の中でも、ビタミンCを豊富に含んでいて、1個食べると1日分のビタミンCを摂取できると言います。

カリウムも多く含んでいるので、美容効果も抜群。

また、柑橘類の香りにはストレスを緩和させる作用があるそうで、ダイエット中の空腹感を紛らわせるのにも効果的ですね。

イチゴ

他のフルーツと比べると、お値段的には少しお高めですが、アンチエイジング対策に効果的なビタミンCを豊富に含んだ、美容効果抜群のフルーツです。

さらに、低カロリーで虫歯予防効果が高いといわれているキシリトールも多く含んでいて、甘味料とはいえ体内吸収ではインスリンを必要としないため、血糖値を上げることなく、糖尿病の方にもおすすめです。

マンゴー

世界三大美果の一つで、美肌効果に抜群のビタミンAをとても豊富に含んでいます。

もちろん、ビタミンA以外にも老化防止・美容に効果的な栄養素が多く含まれているので、女性の朝には欠かせないフルーツではないでしょうか。

キウイフルーツ

ビタミンCとクエン酸が豊富で、美肌効果、老化防止、便秘解消効果など、美しく痩せるためには必須フルーツですね。

キウイを1個食べると、1日に必要なビタミンC量の約7割を摂取できるといわれています。

また、タンパク質分解酵素を含んでいるために、キウイとお肉との相性は抜群。

朝だけではなく、お肉を食べた後にキウイを食べれば、消化吸収を良くして、身体の負担を軽減します。

脂肪分が少なく、ダイエットに効果的な栄養素であるカリウムを多く含んでいるので、むくみを改善したい方には特にオススメです。

桃の食物繊維には、腸内バランスを整えるペクチンがとても豊富で、便秘解消にも効果抜群。

できれば皮ごと食べて、栄養素をごっそり摂取しちゃいましょう。

水分たっぷりフルーツなので、水分補給が必要な夏には特に摂取したいですね。

梨のシャリシャリ食感は、細胞膜が石のように硬くなった「石細胞」を含んでいるためで、この細胞が便秘解消にとても効果的です。

りんご

アダムとイヴの知恵の実や、ニュートンの重力発見など、多くの逸話に登場しますが、「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、栄養素も多いフルーツです。

腸内環境を整える水溶性食物繊維を含み、有機物質の吸収を抑制、便秘解消に効果的。

さらに、老化防止効果や内臓脂肪をつきにくくするリンゴポリフェノールは、皮に多く含まれているので、皮ごと食べることがオススメです。

他にも、ダイエットに美白効果もプラスする、みかんやレモンもGood。

手作りスムージーに加えてもいいですし、レモンを絞ったお水も、爽やかさでダイエットのストレスを緩和してくれます。

太る意外な食品