便秘解消方法

便秘解消方法|便秘を治す効果的な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   


すっきりフルーツ青汁をもっと詳しく見てみる >>


便秘について

 

女性ダイエッターには、便秘の悩みを持つ方が多く、食べる量やペース、ライフスタイルの急激な変化など、その要因はまさに様々。
とはいえ、「毎日快便だから、私は大丈夫」と便秘に関して安堵感を持っている方でも、便秘と診断される場合があることをご存知でしょうか?

 

便秘になると、腸内に溜った物が腐るなどして、その有害物質が心身にネガティヴな影響を与えてしまいます。
その対策のために、ヨーグルトを毎日摂り入れて腸内環境を整えたり、適度な運動やマッサージに通うなど多様な方法を試して、毎日の排便に務めている方も少なくはないでしょう。
もちろん、毎日便通が良いという状態は理想ですが、2〜3日おきでも排便がリズミカルに行われる状態を目指したいものですね。

 

便秘は、日数、回数によるものかどうか

そもそも便秘とは、便内の水分不足で便が硬い状態になったり、便の通り道が狭まったりして引き起こります。
一般的に、排便は1日1〜2回程度という人が多いため、毎日排便されない場合、便秘だろうとすぐ判断してしまうのも珍しくはありません。
ただ、毎日排便があっても、その便の状態が硬く、量も少なめで残便感があったりすると、便秘と診断されることが多々。
逆に、2〜3日に1度の排便であっても、便の状態が健康的であり、当人に不快感がないようであれば、便秘とは言えません。
また、「排便は毎日必ず行われるべき」というような、精神的プレッシャーを持ってしまうと、かえって便秘改善には悪影響です。
まずは、不快にならないペースで、定期的に健全な排便を行う状態を目指すことがオススメです。

 

便秘対策について

厚生労働省での情報によれば、一般的な便秘には、次のような対策がふさわしいとされています。

 

@たけのこやごぼう、さつまいも、緑黄色野菜、大豆などの非水溶性食物繊維を多く摂取する
A起床後に、冷たい水や牛乳などを飲む
B適度に脂質を摂取する
C適度にアルコール、酸味類、香辛料などを摂取する
Dはちみつや砂糖などの糖分を摂取する
Eパイナップル、いちご、りんご、プルーンや梅干しなど、有機酸が多く含まれた果物を摂取する
F豆類やイモ類、栗などといったガスを発生しやすくする食べ物を摂取する
G胚芽米、玄米などを摂取する
H食事をしっかりと摂る

 

とはいえ、この対策がどのタイプの便秘症に適しているとは言えませんね。

 

便秘に効果的と言われる食物のみの摂取により、栄養素のバランスを崩してしまう食生活では、便秘以外で健康を害することにもなりかねません。
また、自律神経失調症というようなメンタルが要因とされた便秘では、その改善対策もかなり違ってきます。
上記のような対策を行った場合、かえって逆効果となってしまうケースも多いために、過労やストレスなどによるメンタル面で思い当たることがあるとしたら要注意です。
まずはかかりつけの医師に相談するのもいいでしょう。

 

あまりにひどい便秘であれば、薬で手っ取り早い解消を望むかもしれませんが、栄養など食事法を工夫し、適度な運動を繰り返しながら、根本的な体質改善を行う方がBetterです。
個人によって時間がかかるかもしれませんが、規則正しいライフスタイルをベースにして、排便のリズムを取り戻すようにしましょう。

 


TOPへ戻る >>痩せる方法|痩せたい人が短期間で成功する方法ランキング




【勧誘なし】痩せなかったら全額返金 >>



ダイエット食品ランキング


痩せるエステランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消方法|便秘を治す効果的な方法記事一覧

美意識の高まり、ダイエットなどを理由に、下剤を利用している女性が増加、中には習慣化しているという方も多いようです。ただ、下剤を長期で継続的に使用していると、便秘やむくみを悪化させたり、最悪のケースでは大腸がんに繋がるリスクを高めることも。そこで今回は、アメリカの情報サイトで紹介された、下剤が原因となって引き起こる恐ろしい症状についてお伝えしていきます。下剤を利用されている方には、是非ともご注意を。...

便秘の悩みといえば、人にはなかなか言いづらいもの。特に女性は、月経周期との関係や、筋肉が男性よりも発達されていないということから、頑固な便秘に悩まされる方が多いようです。そんな便秘が原因で、太りやすい体質になってしまった方も少なくはないことでしょう。便秘では、食事法での腸内環境の調整により、改善できる方が多いのですが、食事法以外でも、生活習慣を少し変えるだけで、便秘改善へと導くことが可能です。その...

便秘が起こりやすい季節といえば夏。これは医学的にも解明されているそうで、暑さによる汗が身体の水分を奪い取って便を硬くしてしまうために生じたり、過剰なまでの冷房効果が腹部に刺激を与え、腸の動きを鈍くして生じる便秘が確認されています。特に、冷房による腸の機能低下が引き起こす便秘は悪化しやすいと言われているので、早めの対策が必要ですね。そんな対策の一つに、「キノコスープ」があることをご存知でしょうか?エ...

便秘で悩んでいるダイエッターにオススメの食品といえば、発酵モノ。腸内環境は個人差があるものですが、美しい腸を保てば、痩せやすい体質にしやすいだけではなく、肌荒れ知らずの美肌をキープすることもできます。そのためには、発酵食品を積極的に摂ることが必要なのです。今回は、便秘の豆知識と、便秘解消へと導く発酵食品レシピについてお話します。便秘による悪循環とは?一般的に、成人の腸の長さといえば、大腸と小腸合わ...

肥満の原因の一つとされている「便秘」。体調が悪いわけでもないし、その内改善されるだろうと、そのまま便秘を放置したりしていませんか?便秘を放置していれば、ダイエットがスムースに行われないだけでなく、腸内バランスが崩れてしまい、身体的なトラブルの原因にもなりかねません。ヒトの腸内には、御存知の通り、善玉菌と悪玉菌に加えて、中間的な役割を持つ菌がバランスを保ちながら存在しています。最近では、筑波大学とア...